TAMARIS タマリス CREATING HAIR BEAUTY SINCE 1949

沿革

1900年

1949年・昭和24年
創始者玉井理介が姓と名の頭をとって、玉理美容化学研究所を発足。
世界で初めて固型シャンプー“ニューシャンプー”を製造販売する。
1955年・昭和30年
京都市上京区に京都工場を新設し、従来のシャンプーと共に、他の頭髪化粧品の製造を開始する。
1958年・昭和33年
業務拡張に伴い大阪市大淀区(現北区)に大阪工場を開設。
コールドパーマ、薬品及び他の化粧品類の製造を開始する。
1961年・昭和36年
京都・大阪の両工場を移転し、京都市伏見区に工場を開設。
玉理美容化学研究所を法人組織に改め、社名を玉理化学株式会社とする。
1963年・昭和38年
スプレー工場を建設し、スプレーの製造を開始する。
1968年・昭和43年
販売を強化する為、玉理化学株式会社営業部を独立させ、販売会社タマリス株式会社を設立する。
1974年・昭和49年
毛髪から抽出したL-天然システインを主成分にした新しいコールドウェーブ液の研究開発、
商品化に世界で初めて成功し“システイン シスカール”を発売する。
1976年・昭和51年
京都市中京区にタマリス美容センタービルの新設に伴い、美容教育向上を目指してスタジオを設置。
1989年・平成元年
お客様に最新のモードを肌で感じて頂く為、
’89パリ プレタポルテ コレクションのバックヤードに初参画し、ソフト面の強化をはかる。
その後毎年コレクションに参画する。
1991年・平成03年
従来の概念を大きく変えた、お客様のニーズに合わせた仕上がりを実現させる
シャンプー&トリートメント“ラクレアシリーズ”を発売する。

2000年

2000年・平成12年
現在のトリートメントメニューの先駆けとなる3浴式のトリートメント“ヘアレスキュー”を発売する。
2006年・平成18年
京都府久世郡に久御山物流センターを設立し、お客様へのサービス強化をはかる。

ページ上部へ